スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分解、再構築1

久しぶりの投稿。
まだクラブは届きませんが、色々と考察中。
実践は出来ないけど、ソレ以外の部分で考えれる事を書いてみよう。

まず、スタンス

スタンスは広めに、肩幅が収まるぐらい。
なぜ広くするのか?
体重移動の幅を大きくしてその分パワーに・・・
では無い。
エネルギーはあくまでヘッドの重量。位置エネルギー


右股関節に乗ってから右回転
トップから左股関節に乗ってから左回転
このシフトをスムーズに行う為には広めのスタンスが必須。
狭いスタンスだと不安定になるのと、
右と左のどちらに乗ってるのかも判断しずらい?
まぁその辺りの理由もあるかとは思うけど、
一番は時間稼ぎの意味合いが強いのでは無いかと。
体重移動の幅が少ないと、クラブが落ちて来るまでの間に
体の正面が飛球線方向に向いてしまうからでは無いかと。
効率良く球にエネルギーを伝えるには、
概ね体の正面でインパクトを迎えなければいけない。
クラブヘッドの落下の時間軸と体のシフトの時間軸のシンクロ
これは、ダウンスイングが始まってから調整出来る物ではなく、
(出来る人は出来るのかもしれないが)
始まる前の段階で合わせられるようにしておく必要がある。
その為の広めのスタンスなのでは無いだろうか。

次回は「前傾」について。

スポンサーサイト

分解、再構築2

前傾について。

前に傾くと書いて前傾。
前傾姿勢と言うと、スキーとかスノボとかが頭に浮かぶ。
スキーはあんまりやった事無いけど、スノボは過去にボチボチ。
何かに乗って進む時は進行方向に対して傾く事で、
置いて行かれないようにする。
スノボで後傾になると板を操作しにくくなる。
新雪の時とか微妙に後傾気味にしたりもするけど・・・

まぁ要するにバランスを保つ為に前傾姿勢を取るワケだ。

ではゴルフに於いての前傾とは何の為だろう?

ゴルフでは何かに乗って進む事は無い。

では、別に置いて行かれる事も無いので前傾する必要なんて無いじゃん。


でも地面にある物を打つのですから、前に傾かないと打てないのでは?


打とうと思えば打てなくも無いか。

直立状態でもつま先辺りに球を置けば。

遠くに飛ばすのは難しそうだなぁ。足を打ちそうだし。

やはり前傾した方が打ちやすそうだ。

前傾する事で、地面の高さに有った球が胸の少し下ぐらいの高さに上がって来る。

ちょうど野球のバッティングのような位置関係になる。
(野球はしないけど)

そこで考えるのが前傾の角度。

角度次第で球の高さが変わってくる。

どの高さが打ちやすいんだろうか?

直立状態でスイングのような事をしてみる。

肩の高さだと振りにくい。へその下辺りでも振りにくい。

一番振りやすいのは胸の下辺りかな。
そこが一番違和感なく振れる。

って事で、その高さのまま前傾してみよう。

うん。ちょうど良い感じがする。


ここで注意されるのが、覆いかぶさるような前傾にならない事。

直立状態からお尻を突き出して、頭を前に出さない感じ。


何故でしょう?

ちょっと長くなったので、次回に続きます。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

分解、再構築3

前傾その2

「猫背で何が悪い!!」

「腰に悪いでしょ。肩もこるだろうし」「なにより見た目が悪い」


「そ、そうですね」

はい。私は猫背です。
身長178cm
標準よりは背が高い方です。
手足は必要以上に短いですが・・・T_T

背が高いと姿勢が悪くなります。

世間がどうあれ私はなるんです。と言うかなってます。

あっ、なぜ覆いかぶさるような前傾が良く無いか。でしたね。


まず安定感と言う視点から考えてみましょうか。

人間はどうして直立出来るのでしょうか?

「進化の過程でそうなったから。」

それ以上の答えは私には出せませんw


直立する事に欠かせない物は、やはり背骨でしょうか。
体の芯と言うイメージですよね。

しかし、実際の芯に背骨が有る訳ではありません。
頭や内蔵、メタボなお腹、秀二(HBS的隠語です)と言った重量物は
背骨より前にあります。

私の秀二は軽いですが、戦闘態勢に入った途端に重くなります
銭湯に入っても重くはなりません。

そんな事はどうでも良いから。

さて、芯と思われる背骨より前側が断然重たいワケですから、
少しでも前に傾くとバランスが悪そうです。

でも実際はそうでもありません。
後ろに傾く方が断然バランスが悪いです。

何故って?

そういう構造だから。
足の付き方とか、筋肉の付き方とか、間接の向きとかね。

とは言え、猫背では腰が痛くなります。
肩がこります。

と言う事は、体が自然とバランスを取ろうとして
使わなくても良い筋肉を使っているからではないでしょうか?

要らない力が入っていると言う事ではないでしょうか?

力を使わずに球を遠くに飛ばそうと考えているのに、
構えた段階で要らない力が入ってちゃーね。

重たい頭、重たいお腹がその原因ならば、バランスが取れる場所に納めてあげましょう。
そこに納めた上で、クラブヘッドが球に届くぐらいの角度。
それが理想形だと思われます。

回りくどく書いてみただけで、結局の所はバランスって・・・


いや、それだけでは無いと思っています。

前に書いた、球の高さとかも有ると思いますし、
それ以外にも動きに関連した部分でも有ると思います。
色々な所に繋がって来るので、その他の項目を考察する際に
小出しにしていきましょうか。

しかし、よく考えてみれば分解してるだけで、再構築はしてないな。

と言う事で、まだまだ続くよ前傾シリーズ。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

分解、再構築4

しつこく前傾。

その3です。

インパクトはアドレスの再現なんて言葉があるとかないとか・・・

しかしインパクトの瞬間の画像を見てもアドレスと同じではないでしょ。

これはプロ、アマ問わずアドレスと同じ形でインパクトを迎えていると言う事は無いと思います。

あれってどう言う意味なんでしょうね?

HBSクラブを使って打撃する場合でも、アドレスと同じでは無いです。

御プレーンスイングとかよりはアドレスに近い形のような気はしますが・・・
寮君とかタイガーとかのインパクトの瞬間って、体は飛球線の方に向いてますよね。


まぁ形の事はどうでも良いんです。

インパクト付近でその形になろうとしても無理なんですから。


恐らくそれは前傾角度の維持の事を言っているのではないでしょうか?


重たいヘッド、柔らかいシャフトで届くようになったクラブでも
インパクトを迎える前に前傾が起きて来たら届かないですよね。

そうなってしまっても届かせる方法は色々とあります。
でもどれも良い結果には結び付き難い方法です。

であれば少なくともインパクトを迎える迄は前傾角度を維持したい。

その方法を考えるに当たって、まず考慮しなければいけないのは、
クラブが自分に与える不可抗力。

クラブには重量があります。シャフトにもヘッドにもグリップにも。
そしてその重量の殆どがヘッドにあります。
長い棒の先に重たい物が付いているワケですね。

その先が重たい長い棒を振り回してみると、外へ引っ張られる力が働きます。
これが遠心力です。

ってそんなん知ってますよね。

早く振れば振る程、強い力で引っ張られる。



なるほど。この力を動力に球を飛ばすのか。


と思っちゃいますよね。

今回は前傾についてなので、ここでは詳しく書きませんが、
インパクト時に遠心力が働いている方向は飛ばしたい方向では無くて、
地面に向かってますよ。


さて、話を戻して、遠心力が強くなればなる程に
自分の体は、その引っ張られる力に対抗しようとします。
引き合って釣り合おうとしますよね。
ほんの1秒とか2秒とかの間にクラブを早く回転させて
その力に釣り合うようにして、アドレスと同じ前傾姿勢を保つ。
なんだか難しいような気がしますね。
しかも働く力は遠心力だけではありません。
地球には重力がありますので、そこも考慮に入れないといけません。
他にもクラブの形状も。


練習すれば出来るようになるのかな?

なるんでしょうけど、定期的に練習しないと、
その感覚の維持は難しいでしょうね。

この事は、HBSに出会う前から疑問に思っていた事で、
どう考えても「遠心力」を飛ばすエネルギーに使うと言う意味が分からず、
抵抗にはなっても飛ばす力にはなり得ないだろうと思っていました。

さて、どんな振り方、打撃方法を取ろうが自分が意図しない力は働くワケです。
でも前傾角度は維持したい。

どうしたもんか?

インパクト迄はなるべく不可抗力の働かないような振り方を考えてみますか。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

分解、再構築5

不可抗力
goo辞書で調べると

人間の力ではどうにもさからうことのできない力や事態

とあります。

運動していても、していなくても地球上に居る限り、
地球に引っ張られる力が働きます。万有引力とか重力とか言いますが、
これには逆らう事は出来ませんよね。

動かしたら動かしたで、慣性やら遠心力やらの力が働きます。
これらの力には逆らう、抗う事が出来そうな気がしますが、
力が要りそうですね。

出来るだけは使いたく無いのですから、逆らう事はヤメましょうか。

さて、重力は常に地球の中心に向かって働いているので、
割と考えやすいですよね。
問題は、慣性と遠心力です。
動き出したら動き続けようとする力と、回転している物の中心から外に離れようとする力。
これらをなるべく少なくしたいワケです。

と言う事は、柔らかい棒の先にある重量物をなるべく動かさないようにすれば良いでしょう。
でも、動かさないとその場に留まったままです。打てません。当たり前ですね。

極力動かさないように、重力エネルギーを与える。

ゆーーーーっくり持ち上げれば、働く力は少なくなる気がしますが、
それだと逆に疲れます。
リズム?テンポ?も悪くなりますね。

と言う事は、なるべく最短距離でそのポジションに上げる事を考えるのべきですね。
その際、グリップを中心とした円運動(振り子の動き)にしてしまうと
遠心力が働くので、振り子の動きを入れないように上げる。
色々と試してみるとヘッドを中心に自分が動くようなイメージだと、
他の力が働きが少ないように感じます。

さて重力ですが、常に下に向かって働いているので、
持ち上げて離せば下に落ちます。
落ちて行くエネルギーを打撃時のエネルギーに変えたいワケです。
つまり、下向きのエネルギーを横向きのエネルギーに変換してやる必要があります。

しかし、横向きに変える際も下向きに力が働いています。
急激な方向転換をするとその瞬間に働く力も大きくなりそうですね。
であれば、大きな力が働き出す前から、横向きに変換する作業を開始しておいた方が良さそうです。

長くなってきたので、続きは次回。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

tmnb

Author:tmnb
何か作る事が好きなので、色々と作ります。
と言いながら、ハミングバード謹製のクラブを使った打撃法考察の方がメインになっていますが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。