スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウトラインのパスを取るワケ

えぇっと、ますkankiさん。
初コメありがとうございます。

なんでわざわざパスを取っているのか説明したいと思います。

まず、大概の原稿はキャラクターの背景に色が入ってたり、絵が入ってたりします。
そのまま出力すると当然背景の色も一緒に出力されます。

それじゃーインクが勿体無い。



うそです。そんな理由ではありません。

基本、痛車の製作は一点ものなので、背景ごと出力して手切りの方が時間的には早いのですが、
例えば、髪の毛のような細くて先が尖っている物をそのままカットして貼った場合、
その尖っている所が剥がれやすくなったり、微妙に剥がれた所に繊維等が付いて汚くなったりします。
そういった問題を解決する為に、ウチではキャラクターの外5mm程度にフチを付けています。

フチを付けると言うことは、5mm程度の間に背景の色が入ってるとおかしいですよね。

そこで、背景を消す作業が必要となってくるワケです。

背景を消すには、フォトショの自動選択ツール等を使って、粗方消しておいて、
消しゴムツールで消していく方法が一般的かと思うのですが、それだと後々パスを別に描いて
カットラインを作る必要が出てきます。選択範囲からパスを作る方法もありますが、
あまり綺麗なパスは出来ません。

と言うことで、まずフォトショでキャラクターのアウトラインのパスを取ります。
pas_draw.jpg

そして、パスのサブメニューから選択範囲を作成を選んで選択範囲を作ります。
pas_sentaku.jpg
これは一発で出来ますが、その際2~4ピクセル程度ぼかす設定にしておきます。

そして選択範囲を反転して、デリートボタンを押して背景を消します。
pas_nuki.jpg
その際、色選択パレットの下側の色が白になっていないと、その色になってしまうのでご注意。
あと、フチを黒にしたい場合は、黒にしておいてデリート押します。

で、なぜ選択範囲を2~4ピクセル程度ぼかすのかと言うと、画像がピクセルデータなので、
作ったパスできっちり切り抜くと、不自然な感じになってしまうからです。
pas_nuki-up.jpg
ぼかしておくと上の写真のように、微妙に背景に溶け込んでいくような感じになります。
ただ、ぼかしの数値は出力するサイズや解像度によって、微調整が必要です。

この方法を使うと、写真の合成も滑らかな感じになります。
まぁ、写真の合成の際はクイックマスクとか使った方が良かったりしますが・・・

そして、このデータをイラレに配置して、フォトショで作ったパスをコピペして、
位置を調整してパスのオフセットでカットラインを作るという感じです。

カッティングマシンに入るサイズなら、マシンカット。
入らないサイズなら、パスのラインも出力しておいて手切りとなります。

分かって頂けましたでしょうか?

なお、クオリティーにあるデモカーを作った際は、この作業はしてません。
キャラのアウトラインでカットしてます。

ボディーの色が変わると色合わせしないといけないので、フチを付けない場合もあります。
まぁ割と白とか黒が多いので、この方法を取っています。

例のカングーみたいに微妙な黄色の場合は、色合わせが大変なんで・・・
スポンサーサイト

テーマ : 痛車
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

tmnb

Author:tmnb
何か作る事が好きなので、色々と作ります。
と言いながら、ハミングバード謹製のクラブを使った打撃法考察の方がメインになっていますが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。