スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

災害の少ない県

先日、岡山に台風が直撃しました。
と言っても今回の台風は、風の被害は殆ど無く、
大雨の被害が大きかったようです。

岡山は自然災害の少ない県です。

台風も殆ど来ませんし、地震も少ない。
晴れの国おかやまを自称しているだけあって、
降水量1mm未満の日が全国1多い県ですが、
1級河川が3本流れているので水不足も無い。

気候も穏やか、災害も少ない。

本気で首都機能を岡山に移転すれば良いのに。
とすら思う程です。

今回、かなりの量の雨が降りました。
2級河川の笹ヶ瀬川が氾濫しそうになり、
そこかしこに「避難勧告」や「避難指示」が出されていました。
1級河川の旭川もかなりの水位でした。
しかし、死者・行方不明者は0でした。

他県では、川の氾濫や土砂災害により亡くなった方や、
行方不明になられた方が沢山おられたようです。

この結果だけ見ると、岡山県は災害が少ないのに、
災害対応の優れた県と見られるかもしれません。

しかし本当の所はどうなのでしょうか?

今回、たまたま大丈夫だっただけで、もう少し降り続けていたら、
どうなっていたか分かりません。

と言うのも、避難所に指定されている場所にかなり疑問が有ります。
基本的には近隣の小学校や中学校等が指定されていると思いますが、
その避難所自体が低い土地に有ったりします。
実際、会社の近くの中学校が避難所に指定されていて、
「避難勧告」が出ていましたが、明らかにウチの会社より低くて海に近い場所です。
2階から見ていて、普段は水が見えない中学校脇の用水路が、
溢れんばかりの水量で、凄まじい勢いで流れていました。
確かに、一般の家屋に比べれば建物自体の強度は強いでしょうし、
家に孤立する事を考えれば、集団で居た方が色々な面で危険度は少ないかもしれませんが、
本当にそこで大丈夫なのか?と思ってしまいます。

岡山県は独自で東南海、南海地震が起きた際の津波のハザードマップを改訂していますが、
その中学校は、津波で浸水するかしないかのギリギリの場所です。

正直な所自分自身も「防災意識」は低いと思います。
まぁ大丈夫だろう。的な考えが有ったりしますし、
ある程度の事態は予想出来ると思っていたりします。

しかし、自然災害と言うのは予想を遥かに上回る事が多々有りますし、
ヤバいと思った時には既に遅いと言う事も多々有ると思います。

私も含めて、もう少し「防災意識」を高める事が必要なのでは無いかと
今回の台風で改めて思いました。




プロフィール

tmnb

Author:tmnb
何か作る事が好きなので、色々と作ります。
と言いながら、ハミングバード謹製のクラブを使った打撃法考察の方がメインになっていますが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。