スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リニアなイメージ

円運動とか、弧に振るとか・・・

確かに見た目には円運動しているように見えるし、
弧になるように動かしているように見える。

一般的にオンプレーンスイングのイメージって
http://www.miyamae.co.jp/golf/moverobo10.html
こんな感じだと思う。と言うか、こんな感じを目指しているのかな?と思われる。

腰の回転、前傾、肩の回転・・・

この機械の緑色の本体部分と黒いアーム部分とのジョイント部分の軸が
頭のてっぺんから串刺しにした軸のイメージだろうか?

左腕をピンと伸ばして、頭を動かさず、プレーンに乗せるように振る。

機械と人間の細かい相違点は置いといて、
まず、そのプレーンに乗せようと思うと、必ず腕が捻られる。
それと共にフェイスは開いて行く。
その開いたフェイスをダウンスイングで閉じて行く。
クラブは右側が重たくなっているので、開くのは簡単だが、
閉じるには力を要する。
更に、円弧と言うのは、飛ばそうと思っている方向にベクトルが合っている
所は「点」でしかない。
その点に辿り着くまでに閉じないと開いたまま球とコンタクトしてしまう。

上手な人は、この開いて閉じる動きも弾く力として使うのだとか・・・

その一瞬に力のベクトルも合わせつつ、開いたフェイスを閉じる動きをも
飛ばす為の力にする。

神業ですか?

そして、この動画を見ると、トップの位置までかなりゆっくり上げている
にも関わらず、かなりクラブヘッドは揺れている。
フィニッシュの位置では更にヘッドは揺れている。
人がスイングするとあんなに揺れない。
と言う事は、そのヘッドが揺れている力を何処かで吸収しているワケです。
常に色々な方向に掛かる慣性やら遠心力やらトルクやらを
ハイスピードで動きながらもヘッドが暴れないように調整する・・・
スピードが上がれば上がる程、その力はより強力になるのに。

神業ですか?



HBS的打撃法は私なりに解釈するとリニア打法。

リニアに飛球線方向に打ち出す打撃方法なのでは無いかと。

フェイスを開いたり閉じたりする動きは無い。

そのまま上げて、そのまま下ろす。
いや、下ろすと言うより落ちて来る。
コレが打撃のエネルギー。

しかし、そのままではベクトルは下向き。
だから、右から左へのシフトで横向きに変える。
つまり、右から左にシフトしている間はかなり飛球線方向に
リニアになっている。

あぁ、長くなってきたので、また続きは次回に書きます。
スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmnb

Author:tmnb
何か作る事が好きなので、色々と作ります。
と言いながら、ハミングバード謹製のクラブを使った打撃法考察の方がメインになっていますが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。