スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しつこくリニアなイメージ

直線的に動いた結果、回転運動が発生している。

さて、インパクト付近でリニアに動ける事は分かった。
しかし、右股関節上に乗っかって、左股関節上にその重さをスライドさせる。
この動きだけでは飛ばすのに十分なエネルギーは得られない。

ん?ちょっと待て。

エネルギーはヘッド重量だ。

そう。この動きはヘッドにエネルギーを与える為の動きではない。
ヘッドの落下エネルギーを飛球線方向に変換する為の動き。

別にこの動きでスピードをアップさせるとか、そう言う目的では無い。

ヘッドに最大限の位置エネルギーを与えておいて、
それが落下してくる時、下に向いているエネルギーを横方向に
滑らかに変換する。しかも体の正面の範囲からクラブを外さない、
と考えると、ある程度横に距離が必要だ。

インパクトの位置は左足踵前ぐらい。これは大きくは動かせない。

では右には?

思いっきり右に移動してバランスを崩さない所。
そこから更に右に行こうとすると、回転が始まる。
股関節を軸として、上半身が飛球線方向と反対方向に向くぐらい。
これ以上体は回らないので、ここがMAX右。
後はスタンスをある程度広めに取っておけば、距離は稼げる。
バランスを崩さない程度に広め。

うーん段々と何を書きたいのか分からなくなってきた。

動きを文章で著すのは難しい。

実は一つ一つの動きの意味を書いていると、一つの動きに一つの意味とは
限らないと言う事に気づく。
ある動きは、ある動きの為の布石であったり、
ある動きにならない為の事前防衛であったり、
ある動きと、ある動きを組み合わせる事によって意味があったり・・・

それらを全て上手に文章にしょうと思うと、
よけいワケ分からん感じになったり・・・

まぁ言い訳はこれぐらいにして続けよう。

兎に角、高い所に上がったモノが落ちて来る途中で、そのエネルギーの向きを
滑らかに変える。その為にはある程度横に距離が必要。
無理に向きを変える動きを入れると、複雑な不可抗力が働く。
つまり、無理矢理手で引っ張るとかそんな行為をしない為には、
なるべく最短距離で目的地に行かないと間に合わないかもしれない。

クラブと自分の動きにギャップが有ると、どちらかが先、どちらかが後
とちぐはぐになってしまう。

自分のスピードにクラブを合わせようとすると複雑な不可抗力が働く。

しかし、トップの位置で体は飛球線方向に平行では無い。

この部分をどう解決するか?

まず、最短距離と言う事を考えて、ヘッドがどの辺りに居ると都合が良いか?
自分の右側に外してしまうと道のりは長くなってしまう。
右側に外さない範囲で位置エネルギーを一番多く与えられる所。
そう考えると、概ね決まって来る。

そこから体の右側に落とさないようにと考える。

上半身は右側に回転しているが、ヘッドの位置との関係を考えてみると
回転を戻す方向に行こうと思うと大回りしてしまう。

大回りさせないようにすると、飛球線方向にリニアに動くのが
一番近道である事に気づく。

そう。

右股関節から左股関節にスライドする動きだけ。

回転は何処で解消されるのか?


「勝手に解消されている」

なんて無責任な書き方。

しかし、意図的に回転を戻そうとすると、意図しない回転を生んでしまう。
つまり、大きく体全体と言う見方で、右から左にリニアに動く事により、
この90度程の上体の回転は自然と解消されて行く。行ってしまう。

その過程で重要になってくるのが右肘の動きとグリップ。

それはまた次回に。
スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmnb

Author:tmnb
何か作る事が好きなので、色々と作ります。
と言いながら、ハミングバード謹製のクラブを使った打撃法考察の方がメインになっていますが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。