スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルクのお話

昔の人はオートマ車の事をトルコンって呼びますよね。
最近はトルコンレスのオートマ車なんてのも有るみたいですが。

マニュアル車の事をミッションと呼ぶ人も居ますが、
略す所が違うやろっ!!と突っ込みたくなってしまう。

岡山県貨物が「オカケン」になった時も突っ込みたくなった。
いや、CM見る度に突っ込んでた。
「略す所が違うやろっ!!」

まぁそんな事はどうでも良いのですが、
ゴルフクラブシャフトのトルクのお話です。

トルクとは「ねじりの強さ」を表す言葉です。

ゴルフクラブのシャフトでは「捻れ易さ」「捻れ難さ」を表します。

数値が大きいほど「捻れ易く」小さいほど「捻れ難い」

スイングタイプやHSによってそれぞれ選択するみたいですね。
フェイスローテーションが多いタイプの人程低トルクを好む傾向にあるそうですが、
理由は分かります。

そもそもクラブヘッドには重心距離が有り、
シャフトの延長線上に重心がありません。
これは何度も書いていますが、これにより横に動かすとトルクが発生します。
フェイスを開いて閉じるスイングをする場合シャフトのトルクが大きいと
インパクトで適正な向きにヘッドを向ける事が難しくなります。
更に重心深度が有るので、閉じる方向には更に大きなトルクが掛かります。
つまり、ヘッドを自由にローテーションさせやすい低トルクの
シャフトの方が良いとなるワケです。

ではHBS的打撃法ではどうでしょうか?
今迄書いてきたように、フェイスを開いたり閉じたりと言う動きはしません。
ヘッドの偏重によるトルクはゼロとは言いませんが、ローテーションするスイングの
ようには掛かりません。
それならシャフトのトルクは関係無いか?
と言うとそうでもありません。

例えば、インパクトの際ヘッドの芯を外した場合を考えてみましょう。

シャフトのトルクが低い場合、捻れ難いですから捻ろうとする力は、
多く手に掛かって来ます。それを支えきれなければ、
ヘッドの姿勢は変わってしまうでしょうし、支えられたとしても、
その衝撃は手で受け止める事になります。
逆に高い場合その力はシャフトが捻れる事で吸収して、
ヘッドの姿勢も安定して、衝撃も少なくなるのではないでしょうか?

シャフトって色々な機能が盛り込まれているんだね。って話でした。
スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmnb

Author:tmnb
何か作る事が好きなので、色々と作ります。
と言いながら、ハミングバード謹製のクラブを使った打撃法考察の方がメインになっていますが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。