スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己分析

「目で見る事は、脳が見ている事」

さてさて、ドライバーでダフりまくった件に関して、自己分析してみましょう。

考えられる症状としては・・・
・前傾の維持
・右サイドが下がる
・下に振っている
でしょうか?

前傾が維持出来ていないと言うのは、起き上がってしまう事のはずですが、
覆い被さるような前傾をしていた場合、クラブに引っ張られて更に倒れてしまう?
うーんコレに関しては、ハッキリしません。

で、右サイドが下がる。
これは分かります。体の正面の範囲からクラブを外してしまっている。
つまり、下半身が先に行ってしまい、腕とクラブが置いてけぼり。
クラブはどんどん重くなる。
結果、右サイドが下がりヘッドが尻餅を付く。

そして、下に振ってしまう。
正しいクラブ扱いに於いて、と言うか、新悶絶クラブに於いて、
下に振ると言う行為、意識を持つと必要以上に下に下がってしまいます。
ディッシュアングルを維持したまま、右肘を引いて、引いた通りに押す。
グリップ部分は多少上下するものの、それ以上に意図的に上下させる必要は無い。
と言うか、上下させちゃダメ。

これら全ては「当たらないかも知れない」と言う不安から来るモノのように思います。
当てに行こうとしているワケですね。

その場所に戻って来るのも、球を飛ばすのもクラブの仕事。
シャフトの硬い、ヘッドの軽いクラブでは、その仕事を人間がやらなきゃいけないのですが、
手にしているクラブは違います。
その仕事を奪う事により、クラブは言う事を聞かなくなります。
人がする事は、クラブが正しく仕事が出来るように邪魔をしない事。

なんちゅーのは分かっているつもりなのですが、
手を出してしまうんですよねぇ。


とにかく、体の正面の範囲内からクラブを外さないように
これを考えよう。

トップの位置で上半身が右を向いている状態から、
左股関節上に乗って行く際、いきなり左に向こうとすると、
腕とクラブは置いていかれる。
トップからの始動は右腕から。
そのまま後ろ(飛球線方向)に移動する。
「クラブは急には動かない」
右肘を引いた通りに押す。
球に向けて打ちに行かない。

この辺りを意識して練習してみるか・・・
スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmnb

Author:tmnb
何か作る事が好きなので、色々と作ります。
と言いながら、ハミングバード謹製のクラブを使った打撃法考察の方がメインになっていますが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。