スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミスショットというもの

ナイスショットとミスショット

その判断は何処にあるのだろうか?


そもそもナイスって何?
日本ではグッドと同じような意味で使われている感じ。
調べてみると「見事な」とか「素晴らしい」とかそんな感じのニュアンスだ。

語源とか、英語での使われ方を見ると、少し違うみたいだけど・・・

よく考えてみれば、打った瞬間に「ナイスショット」とギャラリーが言うのだから、
それはそのショットの成否では無くて、振っている様が見事だとか、
飛んで行く弾道が素晴らしいとか、そんな感じなのだろう。

別に言語学者でもないので、使われ方がオカシイとかそんな事はどうでも良い。

何が言いたいのかと言うと、
ナイスショットでも結果的にバッドショットにもなるし
ミスショットでも結果的にグッドショットになり得ると言う事。

つまりそれはあくまで第三者から見たイメージであり、
本人的にはミスショットかもしれないワケだ。


うーん実に理屈っぽいw

さて、ミスショットというもの
この判断は打った本人が打った瞬間に分かるものだろう。
いや、なんならヘッドが球に当たる前にミスだと思う事もある。

私のような初心者は、ほとんどがミスショットだ。
あっ!!って思う事が多い。

おっ!!って思う事なんて、本当に少ない。

しかし、ゴルフは「上がってなんぼ」
ミスだと思ったショットがカート道で跳ねて、普段では飛ばないような所に落ちるかもしれない。

これは良いショットだと思った打球が排水溝のフタに当たって池に落ちるかもしれない。

良い所に落ちた球をカラスがくわえて嫌な所に落とすかもしれない・・・
もういいか。

まぁグッドがバッドかなんて、ある意味「運」であって、
結果論なのだから、ミスを悔やまないようにしたいな。と。


しかしミスはその程度によって、グッドやバッドを引き寄せる確立が変わってくる。
左右のミスと上下のミス。
どちらがバッドになりやすいかと言うと、やはり左右だろう。

まぁ私みたいにドライバーでザックリとかは問題外なんだけど、
谷越えとか、池越えで無い限り、上下のミスはバッドな状況に陥りにくい。

左右は裸婦ラフやら林やら・・・

だったら、左右のミスが出難い方法を取る方が賢い選択だと思う。


私はあまり人に「物」や「食べ物」を薦めるのは好きではありません。
聞かれれば感想は述べますが、自分から「これがイイ」とか促す事は殆どありません。
人はそれぞれ考えがあって物を選びますし、
好き嫌いも有ります。
その人の全てを知っているワケでは無いので、簡単に薦める事は出来ません。

そんな私ですが、ハミングバードのクラブと言うか打撃法は、
これからゴルフを始めようと思う方には薦めたいと思います。

無論、かなりヘビーにゴルフをやっていて、歳を取ってからも続けたいと思っている方には
薦めたいと思いますが、その熟練度が高い程イバラの道が待っていると思うので、
余程の覚悟が有る方にだけお薦めします。

まぁヘタクソな初心者に薦められても誰も聞く耳持ってくれないでしょうけどw
スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmnb

Author:tmnb
何か作る事が好きなので、色々と作ります。
と言いながら、ハミングバード謹製のクラブを使った打撃法考察の方がメインになっていますが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。