スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何故悶絶するのだろう?

悶絶の意味を調べてみると、
苦しみもだえて気絶すること
だそうですw

流石に気絶すりゃーしませんが、苦しみもだえるって感じは間違いではないですね。

そもそも何故、苦しみもだえてまでこのクラブを使うのか?
それは、それだけの魅力が有るからなんですが、
そんな事はこの際どうでも良いのです。

簡単であるはずのクラブを使いこなす為に苦しみもだえるのは何故か?

その原因は色々有るとは思いますが、一番はイメージでしょうか。

「振る」とか「スイング」とかって言葉。
球を打って飛ばす事の方法として普通に出てきてしまう言葉です。

その「振る」とか「スイング」とかのイメージが全てを難しくしている。

では「振る」とは何なのか?
一番分かり易いのは、マラソンの時に沿道で旗を振っている感じ。
ワイパーの動きみたいな動き。

クラブを持って、そのワイパーみたいな動きをしてみれば分かると思いますが、
先に偏重した『重り』が付いているいるので、シャフトに様々な影響を与えます。
捻れて捻り戻って、撓って撓り戻って、その捻れとか撓りも伴って、
実に複雑な力を生みます。

ヘッドを上に上げて下に落とす。その間に重力方向に働いている力を横方向に変換する。
この最中にワイパーの動きを入れると、どんな力がどちらに働くか?
想像しただけで、ややこしくて頭が痛くなります。

更にヘッドを返すとか・・・

では「振る」意識を捨て去って「振らない」意識をすれば良いのか?

そうとも限りません。

まず「振る」意識を捨てるのも大変です。
特にゴルフ上級者の方は何年もの間「振って」きたのですから、
「振るな」と言われても「振る」と思います。「振ってしまう」と思います。
初心者の私でも「振ってしまう」のですから。
この意識を捨てるだけでも苦しみもだえると思います。

そして捨てらないので「振らない」意識を強く持つ事で、強くイメージする事で
「振る」意識を押さえ込もうとするでしょう。
私はそうしようとしていました。

では仮にそれを押え込めたとして上手く行くでしょうか?

実はそれでも、そう簡単ではありません。私には。


「振らない」を意識していたとしても、クラブに「振らされている」
状態である事に気が付かないからです。
私は気付きませんでした。


前にディッシュアングル云々で書きましたが、
鍵になるのは、意図した動きによってではなく、
結果的にそう言う動きになっていると言う事。
クラブに「振らされない」状態を作る事かと。

そしてそれに大切なのは、やはり「形」ではなくて「時」だと思います。


何度もハミングバードブログで書かれていますが、
「時間の流れ」を掴む事が大切で、
このタイミングで自分が動くと、クラブはどんな動きをするのか?
クラブは「いつ」動きたいのか?
その時を逃すと、それにより自分にどんな影響があるのか?
自分に何かしらの影響が有ると言う事は「いつ」を逃していると言う事なので、
そうならない時をクラブに聞く事が大切なのだと思います。

クラブは生き物。
と言うのを比喩と思ってしまっては寂しい。

クラブも人と同じで、動きたく無い時に無理矢理動かされても嫌なんです。
行きたく無い所に無理矢理連れて行かれるのも嫌なんです。
嫌な事をされれば協力してくれないのは仕方ないんです。

ほら、また自分勝手に動いて。

って嫌われるのも仕方ないんです。




こんな事言ってるから、他人に変態って思われても仕方ないんです・・・

あれ、何の話でしたっけ?

スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmnb

Author:tmnb
何か作る事が好きなので、色々と作ります。
と言いながら、ハミングバード謹製のクラブを使った打撃法考察の方がメインになっていますが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。