スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

右肘右肘・・・

確認の意味も含め。
久しぶりに「右肘」について。

確認とか言いながら以前に書いた事と全然違う事を書いてるかもしれません。

一般的にゴルフでは左手主導とか言いますね。
ハミングバードでは右手と言うか「右肘」に重きを置いています。
と言うか、もうそれが肝です。

実は、そりゃーもう色々な事が絡んで「右肘」となるワケですが、
一番大切なのはヘッドの姿勢の維持でしょうか。たぶん。

歪な形をしたヘッドを動かすと、色々と不都合が生じます。
不都合が何か?は書くと長くなるので割愛します。
なるべくならヘッドは動かしたく無い。
開いて閉じるなんて面倒で難しい事はしたく無い。

不器用ですから。

例えば、クラブを持って前傾姿勢で上半身(股関節から上)を全く動かさずに右を向く。
そこから左に体重を移して左を向く。

この動きだけならヘッドは動かしていません。
いや、外から見れば動いていますけど、自分の視野の中でヘッドは動いていません。
実際には外力(不可抗力)により動かされていますが・・・
それは置いといて。
この動きだけでは球を遠くに飛ばす事は出来ないでしょう。
そこそこなら飛びそうですが。

んで、高さを作るワケです。
と書くと持ち上げると考えてしまい「コック」とかそう言う表現が出て来そうですが、
そうでは無くて、結果的に高さが出来ると言えば良いのか・・・
上手く書けんです。

不器用ですから。

何せ、意識的に手首を曲げて戻すような動きは入れない方がいい。
何故って?それはヘッドを縦に動かしているから。
恐らく、新悶絶系のクラブにこの動きは必要無い。と言うかしない方がいい。
と思っています。(あくまで私は)

上手く書けんくせに説明するな!!って言われそうですが、
この部分を完璧に理論的に、しかも分かり易く書く程の文才がありませんので、
とりあえず、
楽したいのだから、小さい筋肉に負荷を掛けないよう
そのまま「右肘」を手首に無理が掛からないように引く。
と書きます。ガチガチに固定して動かさないと言う感じでも無く、
積極的に動かすと言う感じでも無く、自然に動く程度に動く。

これで手から見ればヘッドは(意図的に)動かしていない。
が出来ると思います。うん。思います。たぶん。

余談ですが、くれぐれも 右も左も脇が「がら空き」にならないように。
「がら空き」って、ボディーを打たれたとして、直ぐにガード出来ない状態ね。
間違っても右はガチガチにガード状態、左はどんどん打って来やがれ。
みたいな感じにはならない方が良いかと。
いつ相手の右フックがボディーに炸裂するか分かりませんからね。
なんのこっちゃ。

そうそう「右肘」でした。
とりあえず今迄の動きを合成するとトップが出来上がっているかと。
そこからは引いた通りに押します。戻します。
右掌でクラブと左掌を一緒に押す感じと言うか・・・

何故押すのか?
左で引っ張ってはダメなのか?
ここも色々有ると思います。
ヘッドから遠い左手を引くと、右手を支点として回転しやすいとか、
引く方向って分かり難いとか・・・
まぁ、引いたんだから押しましょうや。

と、書くと至って簡単な感じですが、一つ大きな壁があります。
ここから進むにはその壁を壊さないと難しいかもしれません。
行く手を阻むその壁を一刀両断にして進みましょう。

恐らくこの時点で色々な人の言ってる事の意味が、
かなり理解出来ます。

出来たー!!ってかなり喜びます。(ました)

でも、だからと言って完成。と言う訳でもないのが・・・
まだまだ辿り着けませぬ。

微妙な部分で理解しきれて無い所が沢山あるんですよねぇ。
しかもそれが実は本質的な部分に繋がってたり・・・
もうハミングバードのツイッター相談で、
アホな事聞きまくりの書きまくりです。

まだまだ精進が必要です。

不器用ですから。

スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmnb

Author:tmnb
何か作る事が好きなので、色々と作ります。
と言いながら、ハミングバード謹製のクラブを使った打撃法考察の方がメインになっていますが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。