スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

左足カカト前

アドレス時の球の位置のお話。

ハミングバードクラブを使う以前、教えて貰ったのは、
7Iが真ん中ぐらいで、短くなる程右。長くなる程左とか。
アイアンは真ん中。ウッドは左足カカト前とか。
まぁこれも人によって様々だった。
ウェッジは右足前とか言ってた人もいたかな。

色々と疑問はあったのだが、よく分からないし、そんなもんなんだろう。
ぐらいにしか思っていなかった。

ただ、クラブ毎に球の位置を変えると言うのは、ちょっと複雑な気がする。
スタンスの広さの変化に伴って位置関係が変わると言われればそうなのかもしれないが、
それも分かるような分からないような・・・

色々なスイング理論があれど、明確に球の位置を指示し、
的確にその理由を書いている物は少ないかもしれない。

結局のところ、インパクトの位置に合わせて球を置いておく。
と言うのが一番シンプルで分かり易い気がする。

鶏が先か卵が先かみたいな話だけど、球を置いている位置によって
スイングは変わってしまうように思う。
スイングがこうだから、球の位置はココ。なのか
球の位置をココにすれば、スイングがこうなる。なのか

一番よく分からないのは右に置く事。
アイアンはダウンブローだから少し右とか、
ウッドはアッパーブローだから左とか。
言いたい事は何となく分かるけど、そんな物なんだろうか。
確かにティーアップするドライバーは、その分だけ左に置く必要が有るとは思うけど、
それ以外は同じで良いのでは無いだろうか?

右に置くと言う事は、その分最下点が右に行くと言う事だ。
しきりに体重移動と言っているのに、真ん中より右ってどうやって打つんだろう?
球に体重を乗せるとか言ってるのに右に置くってオカシくない?

まぁ段々と何を書いているのか分からなくなってきたので・・・
ハミングバードが推奨しているのは、
左足カカト前
球の左端の点を通る飛球線に垂直のラインが左足カカトの内側。(たしか・・・)
これを基準として、ティーアップする場合は、その分左。
何故かと言うと、左股関節上に体重移動して、概ね球に正体した所がインパクト
とした時に、その辺りが最下点手前になるから。
これでトップのミスが出る場合は、しっかりシフト出来ていない。
もしくは自発的に左回転を入れている。
ダフるのも同じかな。

あと、ソールで球の上を擦るミス。
下に振ってしまい引っ張られる力に抵抗しようとして前傾が起きてしまう。(たぶん)
あと、方向ってのも有るかもしれない・・・
そっちじゃないって・・・みたいな。

ミスと言うのは、インパクト付近に有るのでは無くて、
そのもっと前の段階でエラーが有るから起こる。
そもそもインパクト付近で何かしらの操作をしなくて良いような打撃法なのだから。

例えば前傾が起きる原因が「下に振っている」だとする。
じゃー下に振らないようにすれば良いかと言うと、そう言う訳ではない。
必ずその前の段階で下に振ると言う行為に結び付く行為をしている。

そうやって一個一個紐解いて行くと、原因はスタンスだったり、
グリップだったり。
全然違う所に有ったりする。

あれ、球の位置の話だったのに・・・

まっ、とにかく「左足カカト前」を基準に。
ティーアップする場合は、その分左
ライによってどうしてもシフトが少なくなる場合は、その分右。
って事で。
スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmnb

Author:tmnb
何か作る事が好きなので、色々と作ります。
と言いながら、ハミングバード謹製のクラブを使った打撃法考察の方がメインになっていますが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。