スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャフト

シャフトは柔らかい方が飛ぶの?

ネットで検索してみると、飛ぶけど球が暴れるとか、
ヘッドスピードが遅い人は柔らかい方が良いとか、
なんだか色々と書かれているみたいです。

一般の方達がおっしゃられている「柔らかい」と
私が持っているクラブの「柔らかい」は次元が違いますし、
その方達の意見は、シャフトを撓らせて、撓り戻らせて弾いて飛ばす
事を前提としてるみたいですので、
何にも参考になるような事は書かれていませんでした。

では自分で考えるしか無いですね。

まず、シャフトは撓らせずに使うので、
撓り幅が大きいとか小さいとかが飛距離に影響する事は無いかと。
力を効率的に伝えようとすると、やはりシャフトの延長線上に重心点(打点)が無い状態は
不利なように思われます。
(少し、この部分には疑問があるのですが、そのうち書いてみたいと思います)
延長線上に揃う状態。
トゥダウンですが、これを意図的に起こそうとすると、
その量の調整が必要になってしまいます。
遠心力が掛かれば自然と発生するモノなので、
動くシャフトであって、不要な外力を加えなければ、
毎回同じだけトゥダウンするはずです。
ただ、ある程度のスピードは必要になるのでは無いかと思われます。
どのぐらいの柔らかさで、どのぐらいのスピードが必要なのか?
それは分かりません。
ただ、自分でスピードを付けると言うか加速させるような行為は、
ロフトを増やしてしまいがちです。

何故かと言うと、ヘッドを置いてけぼりにしてしまうから?

ロフトが増えると飛距離は落ちますよね。

と言う事は、柔らかければ柔らかい程、
毎回同じトゥダウン量で、同じようなスピードで打ち易い。


うーん。何となくそんな気がする。

そう言えば、飛距離を増やす事は、
何かをプラスする事では無くて、マイナス分を取り戻す事。
と店長様が書いていたような・・・

であるのなら、クラブの持つポテンシャルと言うか、
最大距離みたいなのは決まっていて、
それを人間が如何に邪魔せずに引き出せるか。
みたいな感じなんでしょうかね?

その為には柔らかい方が良い。
とか。


もしかしたら、ヘッドスピードを上げようとする行為が
ヘッドの加速を妨げていたりとかするのかもしれない・・・

毎度の事ながら確信はありませんw

ただ今の所、ミスとか高さのバラツキとかは全て
「要らん事」した時に出ています。

あんまりクラブの動きを阻害しなかったな。
と言う時には、打感も良いし、球の初速も速い気がします。
気がするだけかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmnb

Author:tmnb
何か作る事が好きなので、色々と作ります。
と言いながら、ハミングバード謹製のクラブを使った打撃法考察の方がメインになっていますが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。