スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重さ感

モノを持つ時、そのモノを見て大体の重さを想像して、
それに合わせた力加減で持つ。

当たり前の事だけど、この能力って凄いと思う。

想像していたよりかなり軽かったりする場合、スカくらう。

想像していたよりかなり重かったりする場合、ガクっとなる。

今日の昼、うどんを食べに行き、
渡された「冷やしぶっかけうどん」のどんぶりは、
陶器製に見えたが、プラスティックだった。

「うぉっ。軽っ」

重さに逆らおうとして、上に向けて力を入れている。
そこに想像より軽い物が載せられる。

一瞬上に持ち上がりそうになるけど、
瞬時に軽いと判断して、力を抜く。

これも当たり前の事だけど、凄い能力だと思う。


さて、この能力。
どう考えるか。

いわゆる「反射」ですね。

手なり、体なりにかかる重さに対して、瞬時に釣り合おうとする。

重さに変化が有っても、ちゃんと釣り合おうとする。

実際に重さが変わる訳ではありませんが、
その物を動かせば、重さ感は変わります。

遠心力であったり、慣性であったり、
そういった外力によって、重くなったり軽くなったりします。
(それは重いとか、軽いとかでは無いとか言わず、あくまで感覚と言う事で・・・)

それに対しても釣り合おうとします。

その物の重心位置を持っていない場合(これも変な書き方ですが、さらっと流して・・・)、
物の姿勢が変われば重さ感は変わります。

同じ姿勢でも、手を曲げて体の近くで持った時と、
手を伸ばして体から離して持った時では、重さ感は変わります。


すごーく当たり前の事を書いていますが、
これが、すごーく重要になる時が有ります。

棒の先に重りが付いたモノを持って、動かした時。

しかもその棒の延長線上に重心が無い。


動かす。重心位置から離れた所を持つ。
体から離す。しかも重心が持ってる所の延長線上に無い。

この内、重心位置から離れた所を持つ。と、重心が持ってる所の延長線上に無い。
はどうしようもありません。
まぁ延長線上に無いってのは、どうにかなる場合もありますが・・・

では、動かす。と、体から離す。はどうでしょう?

動かさない訳にはいきませんが、必要以上に動かさないなら可能です。

無理に離す必要が無ければ、離さない事は可能です。

少しでも「重さ感」の変化に対する反射を少なくする為には、
必要以上に動かさず、体からなるべく離さない。
そして、何より常に重さの感じ方の変化を感じる(変な言い回しですが)
事が大切なのでは無いかと思うワケです。


反射と言うのは、自分の意志で操作出来る物では無く、
ほぼ自動的に動いてしまうモノです。

つまり、自分の思い描いている通りに働くモノでは無いかもしれない。

だから、想定外の力が働く事による反射では無く、
それをも想定に入れて、上手に反射する(変な言い回しですが)

その為には、しっかりとした下準備が必要なのではないかと思う次第であります。












まぁ、それが簡単に出来ちゃえば苦労はしないのですが・・・
スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmnb

Author:tmnb
何か作る事が好きなので、色々と作ります。
と言いながら、ハミングバード謹製のクラブを使った打撃法考察の方がメインになっていますが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。