スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャンク

調子良いと調子悪いの波が有り、
その波の正体がイマイチ分からなかった。

何となく、その波の正体が分かりつつあるように思う。
それは特別な事じゃなかった・・・

なんて事言って、今まで何度も行ったり戻ったりしてるんですが・・・


さて、一時期シャンクに悩まされました。
そしてソコから抜け出しました。
が、またシャンクがやって来る事があります。

少し考えてみます。

何故シャンクが起きるのか?

ゴルフクラブを正しく使えた場合、シャフトは縦方向に撓ります。
これは重心距離と遠心力の作用によるトゥダウンによるものですが、
この縦方向の撓りのお陰でヘッドが球に届きます。

遠心力が働いて、シャフトが縦に撓った状態。
どんな力がグリップ部に働くでしょうか?
遠心力は外に引っ張る感じかと。
インパクト時で考えると地面の方向。
それに慣性が働いているので、飛球線方向との合成でしょうか?

で、その力に重心点が引っ張られる事でシャフトが撓ってトゥダウンする。
この力の反作用でグリップを持ち上げようとする力が働くのではないでしょうか?

この力をグリップ側で逃がしてしまったとしたら・・・
トゥダウンは打ち消されるでしょうか?

もしそうなるとしたら、ヘッドは球に届きません。
ソールを球にぶつける感じになるでしょうか?

仮に外に引っ張られる作用で届いたとしても、
そこはネックなのではないでしょうか?


上記の仮説が正解だとすると・・・

どんな時にそうなってしまうのか?

正しく使えた時、クラブ自体の重さでグリップは下がろうとします。
下がろうとする力が有るので、グリップを上げようとする力と釣り合う。
トゥダウンは自然に発生して届く。(これ正しいかどうか分かりません)

そうで無い場合、グリップが自然に下がって来ない状態。
自分で下げようとした場合でしょうか?
そうした時に、どのような力が働くのか?
球に当たる迄は下げ続けるでしょうから、トゥアップするような力が働く。
トゥアップするとグリップは更に下がろうとする?
しかし、遠心力に引っ張られる?
トゥダウンしようとしてグリップがが上げられそうになる?
でも下がろうとする?

うーん。よく分からんなってきた。

とにかく、シャフトの動きに直接的に自分の力で関与してしまうと、
ややこしい力が働いてしまう。ような気がします。
その力が、たまたま良い感じに行けば良いのかもしれませんが、
なかなかそうは行きそうに無い。

この部分に直接関与してしまう動きとは?

恐らく、手首や腕の力を使った場合ではないでしょうか?

肘を引いたり押したりする動きそのものは、
クラブが遅れない、ヘッドが右側に落ちない為の補助行為だけであるべきで、
その他の事を自分の動きでやろうとすると、複雑になります。

この動きを手首であったり、手首から肘までの腕の筋肉を積極的に使って
行おうとすると、似たような動きでも、全く違う事をしてしまう事になります。

何故、そこを使ってしまうのか?

それはやはり、球を打とうとするから。なのではないでしょうか?
ソコにヘッドを持って行こうとするから。

結局ここに戻って来たか。



実際どうなんだろ?
スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmnb

Author:tmnb
何か作る事が好きなので、色々と作ります。
と言いながら、ハミングバード謹製のクラブを使った打撃法考察の方がメインになっていますが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。