スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じゅうしん

先日の記事で、シャンクについて書いたけど、
どうもしっくりこない。

何がしっくりこないって全部なんだけど、
そもそも何で打てるんだ?って疑問が・・・

とりあえず複雑になるので、重心深度に関しては置いといて、
重心距離だけで考えてみようか。

一般的なクラブ、一般的なスイングの場合、
シャフトの延長線上に無い重心点で打つので、そのズレ分を考慮して打つ。
のだろうか?どうだったかな?そんな事まで考えた事無かったけど・・・
まぁいいや。

トゥダウンしない(させない)ように打つと考えると、
球の手前(自分寄り)を空振りするような感じじゃないと当たらないはず。
球を目で見ているのだから、何かしらの調整をするのだろう。
ズレてる事との戦いのようになる。なってた?どうだっけ?
まぁいいや。

それが大変だから、ヘッドが小振りになったり、軽くなったり・・・
まぁいいや。


んで、悶絶クラブの場合。
とりあえずアドレスとって、ヘッドを球の後ろにセットして・・・
って所までは球を見てるけど、その後は殆ど見ていない。
視界には入っているけど、視線はソコではない。
トゥダウンによってシャフトの延長線上で打てるって言うけれど、
まともに見て無い球をソコで打とうとするのだろうか?
という疑問が。

やっぱり何か違う作用が有るのだろうか?
セットした所にトゥダウンした状態で戻って来るようにする作用が。

トップから動き始めたら、その先は調整なんて出来ない。
そもそも球をまともに見て無いのだから、調整も何も無い。

重心点が揃う事にり、そのズレ分を考慮して打たなくて良い。
と言うのは違うような気がする。

そんな事自体考えなくて良いようにクラブが勝手に動いてくれる。
と考えた方が良いのかもしれない。

色々と注意しなければイケナイ点は有るけど、
クラブのガイド機能に沿って動けば、勝手に球にコンタクトするように出来ている。

モノを動かせば色々な力が働くけど、その色々な力が働く向きや、大きささえも
考慮して作られている。(結果的にそういう構造になった?)

つまり自分が正しく動けば、クラブが正しく動く。
クラブが正しく動かない時は、自分が正しく動いていない。
って当たり前の事だけど。


ここで一つ、前々から疑問に思っていた事が何となく解決した。
それは、トゥダウンしない程度の小さな動き。
ズレ分考慮して動かなきゃイケナイのでは無いか?
また、その途中はどうなんだ?
振り幅(この言い方はダメだけど)によっては、
少しだけトゥダウンすると言う場合もあるだろう。
その分考慮しないとダメなのか?
みたいな事を考えていたのだけれど、
要は、どんな場合であろうとも、クラブに従って動けば
ソコに行くように出来ている。
と考えられるような気がしてきた。

それら全部含めてオートマチックなのだろう。


だからフルショットでも短いアプローチでもパターでも同じ動き。
同じ動きの中に全てが有る。
逆に、そうで無ければ意味が無い。

のかな?


スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmnb

Author:tmnb
何か作る事が好きなので、色々と作ります。
と言いながら、ハミングバード謹製のクラブを使った打撃法考察の方がメインになっていますが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。