スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝かせない vol.2

タイトルトーンダウン

つづきです。

手首の角度を変えないように押す。

実は、肘を張り出した状態で手首が甲側に折れない状態は、
そのままキープすれば、それ以上右に折れる事はありません。
やってみれば分かると思いますが、動かそうと思っても動きません。
んで、どこまでそれを保てるかと言うと、フィニッシュまで保てます。
まぁ最後の最後で慣性によって左側に折れるかもしれませんが・・・

つまり、終始同じ角度を保つ事が可能です。

コレをコッキングと言うのであれば、終始コッキングは解かない。

そうすればロフトは寝ないですみます。


ただ、コレには条件が有って、それを守らなければ、
更に甲側に折る事が可能になってしまいます。
実際にそれ以上折れる訳ではありませんが、
折れたような効果になります。
って、それだと捻れちゃうね。

はっ!!

それで捻ろうと思えば捻れるんだ。

と、書きながら気が付くという・・・


自分で書きながら、なるほどと思う。
書いてみるのって大切ですねw


さて、手首で扇に動かさない。が出来たとして、
シャフトの撓りと、撓り戻りの問題が残ってます。

これはグリップが固定されていても出来てしまいます。
と言うか、グリップを止めるからこそ出来てしまうと言った方が良いでしょうか?

市販の、かったーーーーいシャフトだったら、そんなに動かないかもしれませんが、
柔らかシャフトの場合、かなり動きます。

びよーん。びよーん。って。

初めて見ると、思わず笑ってしまう程に。

びよーん。びよーん。って。

まぁいいや。

たぶん。ここが一番難しい所のような気がしますので、
長くなるかもしれません。

って事で、次回に持ち越します。
スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【寝かせない vol.2】

タイトルトーンダウンつづきです。手首の角度を変えないように押す。実は、肘を張り出した状態で手首が甲側に折れない状態は、そのままキープすれば、それ以上右に折れる事はありません。やってみれば分かると思いますが、動かそうと思っても動きません。んで、どこまでそ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmnb

Author:tmnb
何か作る事が好きなので、色々と作ります。
と言いながら、ハミングバード謹製のクラブを使った打撃法考察の方がメインになっていますが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。