スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱・力

結局は「力」入り過ぎなんじゃね?


まぁそんな事は分かっていたと言えば分かっていたので、
何を今更とも思うのですが、久しぶりに室内練習してみて
あらためて思ったワケです。はい。


2mちょっと離れた幕に向けて打つ場合、
打ち出し方向、高さ、打感は気にしますが、
飛距離は気になりません。
と言うか分かりません。

幕に球が当たった音とかで、強い球なのか、弱々しい球なのか、
ある程度は分かるような気がしますが、
それも定かではありません。

やはり気持ちの良い打感と言うのが一番でしょう。

そうすると、無駄な力が入れば入る程に打感は悪くなるので、
段々と力を抜いて行く感じになっていき易い。

ただ、それも段々とハッキリしなくなってくるので、
ハッキリさせようとして力が入ったりもするのですが・・・



んで、レンジに行くと飛距離が分かるワケです。
と言うか、まずレンジに行った時点で力入ってます。

「よーし。ジャンジャン打つぞー!!」
と変な気合いが入ってしまいます。

変な気合いと力が入っているもんですから、
打感は最悪です。
なんなら空振りもアリです。
ダフりもありです。

そうすると余計に力が入ります。

まぁそんなこんなで何球も無駄に打つワケです。

ある程度無駄に打ってから、椅子に座り、
缶コーヒーなんかを飲みながら反省します。

練習は本番のつもりで、本番は練習のつもりで。


まぁコレも練習なんですけど・・・


んで、ガッツリ『力』を抜いて打ってみて、
良い打感だったりします。
飛距離もまぁソコソコだったりするでしょう。

そんな球を何球か打ちます。

「もう少し力を入れたら、もう少し飛ぶかも・・・」

何かが耳元で囁きます。

ドスっ!!

はい。お仕置きです。


ん?


なんか同じような事を前にも書いた気がする・・・・
デジャヴュ?



まぁいいや。



何なんでしょうね。
同じ条件ならスピードが早い方が飛ぶ。
そんな言葉が頭を駆け抜けるんでしょうかね?
同じ条件ならと言う条件が入るのに・・・

スピードアップしようとして力を入れるのは、
実際のところスピードアップに繋がって無い。

振ったという充実感だけなのに。


レンジでもこんな事を繰り返してしまうのですから、
コースなんて、そりゃーもっと酷いでしょうw


やはり精神修行が必要です。

DATSU-RYOKU
スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmnb

Author:tmnb
何か作る事が好きなので、色々と作ります。
と言いながら、ハミングバード謹製のクラブを使った打撃法考察の方がメインになっていますが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。