スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円に動かさない

スイングのお話。

HBSのクラブを扱う上で必要となる動き。

刷毛塗りドリル。

この動きをしっかり理解してマスターしないとクラブはちゃんと働いてくれない。

その際、重要なのが円に動かさない事。
スイングの動きは円運動では無く、直線運動の連続。
結果として円運動しているように見えるだけ。


言ってる事は分かりますが、実際にやってみると難しい。

左右の動きは、右股関節に上半身が乗っかって、それが左股関節に移動するだけ。
あくまで横に動くスライドの動き。
右に乗っかって→左に乗っかる。

これは分かる。

問題は、それに伴う腕の動き。

上体が右に移動するのにつられて腕も右に動く(動いてないけど)
左に移動するのにつられて左に動く(動いてないけど)

これに右肘のクランチの動き(上下の動き?)
右肘を曲げる(引き上げる?)動きを加えた際に、自然に左肩が少し回ってしまう。
円運動を加えてしまう(体を捻ってしまう)

体の中心を軸とした捻転を意識していたスイングの弊害だろうか。

意識して直すようにしなければ。

さてさて、この動きの中で手首の柔らかさをどの程度にするのか?
と言うのがイマイチ分からない。

ユル過ぎず強過ぎず。
グリップを柔らかく握った状態で入る力程度で、自然にヘッドが遅れるぐらいの強さ。
これで合っているのだろうか?
HBSのブログの動画で見る限りでは、そんなイメージなのだが・・・

しかし、そもそもヘッドの重量が違うのでヘッドの遅れ方(ロフトの立ち方)も
変わってくるのでは無いかと、色々考える。

うーん結局のところ、はやくHBSクラブが欲しい。
と言うところに行き着いてしまうorz
スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmnb

Author:tmnb
何か作る事が好きなので、色々と作ります。
と言いながら、ハミングバード謹製のクラブを使った打撃法考察の方がメインになっていますが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。