スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勘違い

前の日記で、右手が痛くなると書きましたが、少し勘違いでした。

実は痛く無かったと言う意味ではありませんが、
フルスケールのスイングでの刷毛塗りの動きの繋がり部分が色々と間違っていました。

右の立ち足を作って、背中を飛球線方向に向けた状態で、左にスライドする。
ここがまったく出来ていませんでした。

おそらくですが、自分では体の正面で球を捕らえているつもりでも、
左足に体重が移りきっていない状態でインパクトを迎えていたのでしょう。

その為、インパクト時に手が体の正面より左寄りになって、
右手のクランチの動きが球を迎えに行くような感じになり、
衝撃のほとんどを右手で受けるような感じになったのでは無いかと。

これでは、ロフトも寝てしまう上にリーディングエッジにも当たりやすくなり、
少し体が突っ込めばダフり。届かなければトップ。
と全く良い事無しな感じです。

最近、気持ちよく当たれば、あんまり手が痛く無い感じです。
全然痛く無いとは言えませんが。

そもそも衝撃を吸収する機能が少ないクラブですから。

無駄に力を込めず、スゥーっとクラブが降りて来て、
グンと重くなり、スパっと当たる。
打球音も「カチンッ」と言う、固いプラスチックでも打っているかのような音から、
少し柔らかい感じの音になって来ました。
誰かに打たされているような感覚。
鼓笛隊打法。
なんとなく、うっすらとですが見えて来たような気がします。

しかし、そもそもが届きにくいクラブ。

果たして今の状態は良い傾向なのか?
このまま素振りではなく実際の球を打ってても大丈夫なのか?
色々と疑問に思いHBS店長様にメールしてみました。


ところで、先日HBSのブログのコメントで球を凝視しない方が良いとの書き込みがありました。
球を凝視すると様々な動きが阻害されると言うような内容でしたが、
私なりの解釈としては、
まず右の立ち足を作る所で、顔が左を向きやすくなり、
背中をしっかり飛球線方向に向けにくくなる。

しっかり背中を飛球線方向に向けた状態で球を凝視しようとすると、
目の動きだけではかなり厳しいので顔が左に向く。
顔が左に向くと、体もつられて左に向きやすくなり、
右に向いたままで左にスライドする事が困難になる。
もしくは先に左に向いてしまう。
そうなると左にスライドしきらない状態でインパクトを迎えてしまうので、
リーディングエッジに当たる、突っ込む、ダフる、ダフってトップする。
等様々なミスに繋がる。
こんな感じなのではないでしょうか。

そこで、なるべく球を見ないように打っています。
時に、目を瞑って打っています。

目を瞑って打つと、目を開けて打っている時より、
感覚が敏感になるような感じがします。

目を瞑って当たるのか?と言う不安が無いと言えば嘘ですが、
以外と当たるもんです。(良い当たりかは別として)

球を見ない事により、無駄な力が入りにくくなります。
球に向かって行かない為に無駄に突っ込みにくくなります。
そもそも球をしっかりと見ていても、ダウンスイングに入ってしまったら、
インパクトまでの時間で微妙な高さ、距離、向きの調整なんて出来ないし。

しかし、これは練習場での話。
実際にコースを回る時に、殆ど球を見ない状態で打てるのか・・・
とても不安ですw
スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmnb

Author:tmnb
何か作る事が好きなので、色々と作ります。
と言いながら、ハミングバード謹製のクラブを使った打撃法考察の方がメインになっていますが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。