スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分解、再構築5

不可抗力
goo辞書で調べると

人間の力ではどうにもさからうことのできない力や事態

とあります。

運動していても、していなくても地球上に居る限り、
地球に引っ張られる力が働きます。万有引力とか重力とか言いますが、
これには逆らう事は出来ませんよね。

動かしたら動かしたで、慣性やら遠心力やらの力が働きます。
これらの力には逆らう、抗う事が出来そうな気がしますが、
力が要りそうですね。

出来るだけは使いたく無いのですから、逆らう事はヤメましょうか。

さて、重力は常に地球の中心に向かって働いているので、
割と考えやすいですよね。
問題は、慣性と遠心力です。
動き出したら動き続けようとする力と、回転している物の中心から外に離れようとする力。
これらをなるべく少なくしたいワケです。

と言う事は、柔らかい棒の先にある重量物をなるべく動かさないようにすれば良いでしょう。
でも、動かさないとその場に留まったままです。打てません。当たり前ですね。

極力動かさないように、重力エネルギーを与える。

ゆーーーーっくり持ち上げれば、働く力は少なくなる気がしますが、
それだと逆に疲れます。
リズム?テンポ?も悪くなりますね。

と言う事は、なるべく最短距離でそのポジションに上げる事を考えるのべきですね。
その際、グリップを中心とした円運動(振り子の動き)にしてしまうと
遠心力が働くので、振り子の動きを入れないように上げる。
色々と試してみるとヘッドを中心に自分が動くようなイメージだと、
他の力が働きが少ないように感じます。

さて重力ですが、常に下に向かって働いているので、
持ち上げて離せば下に落ちます。
落ちて行くエネルギーを打撃時のエネルギーに変えたいワケです。
つまり、下向きのエネルギーを横向きのエネルギーに変換してやる必要があります。

しかし、横向きに変える際も下向きに力が働いています。
急激な方向転換をするとその瞬間に働く力も大きくなりそうですね。
であれば、大きな力が働き出す前から、横向きに変換する作業を開始しておいた方が良さそうです。

長くなってきたので、続きは次回。
スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmnb

Author:tmnb
何か作る事が好きなので、色々と作ります。
と言いながら、ハミングバード謹製のクラブを使った打撃法考察の方がメインになっていますが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。