スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分解、再構築9

最近、何も作っていません。
工作がしたいと思うのですが、イマイチ気合いが入らない・・・

んで、ゴルフの記事ばっかり。


さて、そろそろ「右肘の使い方」について書いてみますか。

一般的に右肘を畳んでとか言いますよね?
あれって何故なんでしょうか?

なんか脇をぴったりくっつけてみたいな。
脇にタオルを挟んで落とさないようにみたいな。
でも左の肘は伸ばせみたいな。

私もやっていました。

何故なのか検証しようと思ったのですが、
前にどんな振り方してたのか思い出す事が出来ず断念。

ただ、その体勢を取ってみると、やたらと窮屈な感じがしました。
凄く不自然な体勢と言いましょうか、体が痛い。

恐らく、アドレス時には二の腕が体側にくっ付いている感じなので、
インパクトでもその体勢にする為に、トップでも常に体側にくっ付けておけ。
みたいな感じなのでしょうか?
クラブ自体の重さとか、不可抗力とか関係なく、常に同じ体勢をキープしておけば
大丈夫だろう的な理論なのでしょうかね?

なんだか体を壊しそうなので私はパスです。

余談が増えてしまいましたが、本題に。

野球のバッティングにしても、スローイング(って言うのかな?)にしても、
ボクシングにしても、空手にしても、餅つきにしても・・・

肘を曲げて伸ばすような運動の際、二の腕を体側にくっ付けるような体勢を取るでしょうか?
大体少し開いた状態ですよね?
脇にタオルを挟んで落ちないように・・・みたいな練習はしないですよね?

まぁあの練習には、あの練習の意味があるのですが・・・
それはここでは触れません。

兎に角、ぴったりとくっ付けない方が自然な体勢では無いかと思うワケです。
曲げたり伸ばしたりしないといけないのですから。

では、どの程度の角度開くのか?ですが、そこは個人差があるかと思うので、
クラブを支えられる程度で不自然な感じがしなければそれで良いのでは無いかと。

さて、どう言う感じで右肘を使えば良いかですが、

まずテイクアウェイの時。
二の腕とソウボウキンを使って、右斜め上に引っ張るような感じと言えば良いでしょうか?
ただここで、肩を回すような動き、体を捻るような動きを入れてしまうと良く無いです。
何故良く無いかと言うと、クラブが体の正面から外れてしまうから。
そして捻って戻る動作で、更なる不可抗力を生んでしまう。
更に、背骨を捻ってしまうので、体に悪い。

そこまで来れば人がする事はほぼ終わっていますが、
そのまま左に体重を移そうとすると、
クラブが自分の重さでその場に残ろうとして、遅れてくるので、
左への体重移動を開始するかしないかのタイミングで、左斜め下方向に落として?押して?戻して?あげる。
この際、右の肘から押して行くような感じ。
この動作は、体の正面から右にスライドさせた分を戻す為の動きで、
決して、下方向にキャストする物では無いし、自分の力で加速させようとする物でも無い。
下方向に振ろうとしてしまうと、やはり更に不可抗力を生んでしまう。
クラブが落ちたい(行きたい)方向に少しだけ先に送ってあげるような動き。

と、こんな感じだろうか?

しかし、やはり上手い表現が出来ない。
この辺りは、実際にHBSクラブで検証してみてから、もう一度考えてみようと思います。

あれ?ここまで来ると、もう書く事無いや・・・

ここから先はクラブ任せになってしまうし・・・

何かしようと思っても、無理だし。
仮に出来たとしても、邪魔する事にしかならないし・・・

あっ、あとはグリップかな?

しかしこれがまた難しい。

まぁ、次回にでも分かる範囲で書いてみますか。
スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmnb

Author:tmnb
何か作る事が好きなので、色々と作ります。
と言いながら、ハミングバード謹製のクラブを使った打撃法考察の方がメインになっていますが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。