スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続 偏芯、偏重

さて、前回は前後方向の重心のズレ「重心距離」の利点について書きました。

次は左右方法のズレ「重心深度」の利点を書いてみます。

前回同様、遠心力により重心点が揃う事でヘッドが前に出て来ます。

すると若干ロフト角が大きくなります。

つまりボールが上がり易くなる訳です。


ここまではHBSで得た知識です。

ここからは、それらを統合して自分なりに考えてみた私感です。

間違っているかもしれませんのであしからず。


まず、トゥダウンに関して「悪」とされている理由として
フェイスが開くと言う点があると思います。
確かにトゥが下がるとフェイスは開きます。
すると右に飛び出すミスに繋がります。

その他、フェイスのトゥ側に当たりやすくなる事により
ギア効果でフックになりやすいとか・・・
これに関しては少し疑問がありますが・・・

まぁなににせよ、打ち出し方向にベクトルを合わせている状態で、
フェイスの向きが一致していないのはミスになりやすいとは思います。

しかし、この動きにヘッドが前に出る動きが加わるとどうなるでしょうか?
フェイスは閉じると思いませんか?

つまり、トゥダウンで開くけどヘッドが前に出て閉じる。

重心距離と重心深度のバランスが良ければフェイスの向きは打ち出し方向に対して
真っ直ぐになるのではないでしょうか?


と言う事は、シャフトがしっかり動いて(撓って)くれてさえすれば、
シャフトの延長線上に重心点が揃ってボールに与えるエネルギー効率も良くなり、
フェイスも毎回同じ向きに揃って真っ直ぐ打てる。
と言う事なるのではないかと思います。

ここで重要になってくるのが、シャフト(ヘッド)に不必要な力を加えない事。
どれだけ柔らかいシャフトであろうとも、トゥダウンの量とヘッドが前に出る量は決まっています。
重心点が揃った所以上には行かないのですが、ブリを付けるような動きをすると、
その慣性により必要以上にシャフトが撓ったり撓り戻ったりする可能性があります。

シャフトを撓らせて、撓り戻る反動を使って弾くように打つイメージは大敵でしょう。

恐らくこの考え方を元にスイングを作ると、柔らかいシャフトは百害あって一利無しなのではないでしょうか?


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmnb

Author:tmnb
何か作る事が好きなので、色々と作ります。
と言いながら、ハミングバード謹製のクラブを使った打撃法考察の方がメインになっていますが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。