スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選択の自由

選ぶ自由があると言う事は幸せである。

食品にしても、住む場所にしても、ゴルフクラブにしても・・・


さて、何故ハミングバードスポルテのクラブを選んだのか?

クラブメーカーなんて沢山ある。
その中でわざわざマイナーなクラブを高いお金を出して買う理由。

クラブ作りに関して、かなりの知識が有り、研究している所。
元々ゴルフプレイヤーであったが、クラブ屋になってからゴルフプレイは
一切していないと言う所。
様々あるのだが、一番は「体が痛かった」だろうか・・・

ゴルフを始めた年齢が35歳。
現場に出る事も少なくなり、ほとんど運動してなかったのに、
始めてから頑張って練習した事により、あちこち痛くなってしまった。

そもそもそんなに運動神経が良い方では無い上に年齢とともに柔軟性も
落ちて来ていると言うのに、無理矢理体を捻るようなスイング。
しかも上手く行かないものだからムキになって頑張る。

捻った上に更にクラブの勢いで限界以上に捻る。
そこから急激に力を入れて、思いっきり振る。

背中が疲労骨折したかと思うぐらいに痛かった。
実際何度か整骨院に行ったし・・・
元々、そこそこ筋力だけは有ったのが悪い方向に行ってしまったのだろう。



ところが、ハミングバードの提唱するスイング(打撃法)はどうだろう。
上半身は殆ど使わない。基本は下半身だ。

その時持っていたクラブのヘッド重量とシャフトの硬さでは、
衝撃吸収性能が無いので手は痛かったが、背中とか全然痛く無い。

しかしこれは、何も真新しいスイング理論ではなく、
昔から言われてるスイングだと言う。

そう。最近のクラブは振り易さやコストを重視している為、
軽いヘッドの硬いシャフトになってしまい、
その結果、飛ばす為にはヘッドスピードに頼るしか無いように
なってしまっているのだ。

要するに今のクラブは、どこのメーカーのモノでも、
昔のスイング。クラブの元々持っている機能を生かしたスイングを
しようと思うと飛ばないのだ。

しかし、今のスイングは体に悪い。
人間の体は、背骨は捻るように動く関節ではないし。
ましてや、捻って無理矢理伸ばした状態で力を入れるのは筋肉にも酷だ。
クラブ自体も衝撃を吸収する性能が少ないので、
その衝撃を体で吸収しなければならない。

そりゃー痛くなる。

だから私は痛く無い方を選んだ。
スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmnb

Author:tmnb
何か作る事が好きなので、色々と作ります。
と言いながら、ハミングバード謹製のクラブを使った打撃法考察の方がメインになっていますが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。