スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhoneケース

めちゃ忙しい仕事から解放されたので、少し日記を。

たまにはレザークラフトって事で、頼まれ物のiPhoneケース。

ひょんな事から知り合った、貿易関係の社長してる人が自社でワニ革製品を作っているとの事で、サンプル的な物を作って欲しいと頼まれた。

最初に、こんな感じって見せられた物は、あきらかに絞り成形した物だったので、ちょっと難しいかもしれないと伝えたら、成形はせずに普通に縫い合わせで良いと言う話になった。

ちょっと絞り成形やってみたかったんだけどねぇ・・・

まぁ、立体にしないならそんなに難しくは無いなと思ってたんだけど、
手元にiPhone無いし、どうやって型紙を作ればいいのやら・・・

で、色々と調べたらiPhoneの図面を発見。早速ダウンロードしてプリントアウト。
でもやっぱり実物無しにケース作るってどうなんだ?と思い、図面を元に木を削って、モックを作ってみた。

で、まずは手元に有る黒のヌメ(オイルレザーかも)2mmを使って作ってみる。そしてモックを入れてみる。

入った。




抜けねぇ・・・



そりゃー革が硬いし、タイトに作ったもんだから、抜けなくなるわなぁ・・・

木なんでビスをもんで、なんとか引っ張り出した。

いやぁモック作って入れてみてよかったよ。いきなり現物入れて抜けなかったら洒落にならんからね。ビスもむ訳にもいかんし・・・

って事で、1mmほど大きめにもう一度作ってみる。

まぁ硬いけど、抜けなくはない。

しかし、こんなんで商品として大丈夫なんか?と思い、とりあえず見てもらう。

なんだかとっても気に入って貰えた。


で、実際にワニ革で作れる?と聞かれる。


わ・に・が・わ

触った事もございませんがな・・・

まぁ革には革りない、いや変わりない訳だしなんとかなるじゃろ。
背中のごつごつした方じゃなくて、お腹の方らしいし。

そして届いたので作ってみた。
P1000858.jpg

ごつごつはしてなくても、やっぱり部分部分で厚みが違うのね。
しかも、割と伸びるから端がきっちり合わない。

合わせて接着したはずなのに、縫ってるとコバが斜めになってしまう。
革のせいなのか腕のせいなのか。

まぁ腕のせいですが・・・

そして、コバは普段磨いているのだが、今回のは真っ直ぐじゃないから、
磨けそうにないので、初めて「コバスーパー」なるものを塗ってみた。

塗り方が下手なのか、あんまり綺麗じゃない(T_T)

俺なら買わんな。って感じの出来になってしまった。

でも、これはミシン縫いの方が良い気がするなぁ。

とりあえず、モックを入れた感じ
P1000859.jpg

やっぱり俺なら買わんな。


まだ社長に見せて無いんだけど、ホンマに大丈夫じゃろか?
スポンサーサイト

テーマ : *HandMade*
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmnb

Author:tmnb
何か作る事が好きなので、色々と作ります。
と言いながら、ハミングバード謹製のクラブを使った打撃法考察の方がメインになっていますが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。