スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あっちむいてホイ


スタンスの話です。

今更当たり前の事ですが、
スクエアなスタンスとは球と目標を結んだ直線に
平行に立つ事です。
つま先で合わせると左右の開き加減で変わるので、
カカトで合わせろと言われますが、
左右のカカトを結んだ直線と飛球線は決して交わる事の無い、
線路のような関係で無くてはいけません。

初心者は体の向きを目標に向けてしまって、クローズスタンスに
構えてしまう事が多いみたいです。
クローズスタンスと言うと意図的なモノなので、
右を向いて(右利きの場合)構えていると言った方が良いですね。
私もそのように構えている事が多かったです。

ところが前回練習した時は、かなり左を向いていました。
恐らく10度ぐらいは左向きだったと思います。

何故?

どうやら錯覚だったようです。

右の端(飛球線方向を向いて)の方の打席で打っていたのですが、
構えてそのまま正面を見ると15Y程先がネットです。
そのネットは飛球線方向に伸びているので、
感覚的にそのネットに平行する線が、自分が求める飛球線方向だと思っています。
ところが、足下のマットはネットに平行では無く、内側(左側)に向いていました。

それに全く気がつかず、目標はネットと平行。アドレスはマットと平行に
合わせてしまっていました。

しかし不思議な物で、それでもそんなに違和感を感じませんでした。
まぁ初心者である事と、長い間練習していなかった事を考えると
当然なような気はしますが、それで違和感が無いと言う事は、
間違った方向に向いていても気がつかないと言う事になります。

意図的では無く、開いたり閉じたりした状態で練習するのは、
全くもって無意味な事になってしまうので、気をつけなければいけませんね。

ところで、コースでも様々な錯覚が有ります。
コース設計者の様々な罠が仕掛けられているそうです。
元々地形的に錯覚しやすい所なんてのも有るみたいですし。
そう言った事に騙されないようにするのも上達の秘訣かもしれないですね。

まぁ私の場合はそれ以前にクリアしないとイケナイ事が沢山ありますがw
スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmnb

Author:tmnb
何か作る事が好きなので、色々と作ります。
と言いながら、ハミングバード謹製のクラブを使った打撃法考察の方がメインになっていますが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。